「継続は力なり」

体に関することで、わりとどんなことにも言われることがあります。
それは、「毎日続けることが大事」ということなんですね。

これを、別の機会に聞いたことがある人も少なくないのではないかと思います。

何かの先生から、「少しずつでも毎日続けなさい」と言われたことはありませんか?

たとえばアスリートなども、そう言われるのだそうです。
3日サボると、その遅れを挽回するのに、3日では済まないのだとか。

3日サボっても、3日で挽回できれば、別に毎日やらないでもいいですね。

ところがアスリートの場合には、3日サボると、それを挽回するのに、1週間がかかると言われているのだそうです。

これは楽器の練習などでも、よく言われることだと思います。
食事や睡眠でも同じでしょう。

一度サボって、しばらくの期間やらないでいてしまうと、それを挽回するのに、サボっていた期間の何倍もの時間がかかる。

これは多くのことに、共通していると思います。

肌のお手入れも同じです。
サボってしまうと、その分、肌の状態は悪くなります。

一旦状態が悪くなると、その状態を回復するのに、とてつもない時間がかかります。

肌の手入れは、毎日続けることが大事なのです。

それにはやはり、習慣にしてしまうのが近道だと思います。
毎日「やらないと気持ち悪い」というようにするんですね。

歯磨きも、毎日していると思います。

肌の手入れも同じです。

生活サイクルに取り入れよう

どんなことでも、新しいことを毎日続けるのは、簡単なことではありません。
日記などでも、よく三日坊主になってしまいがちですね。

肌の手入れは、毎日続けるからこそ効果があります。

続けていけば、それはそのうち習慣になりますが、その習慣にするまでが、なかなか大変だと思います。

そこでおすすめなのは、まず肌の手入れを、自分の生活サイクルの中に意識的に組み込むことです。
当然タイミングは、お風呂に入ったあとになるでしょう。

その後寝るまでの間で、お手入れをするわけですが、意識的に、「何かの後にする」「何かの前にする」と決めるのがいいと思います。

生活サイクルに組み込まれれば、それを続けるのは楽になります。

でも仕事から帰って疲れていたら、眠くなってしまいますね。
だからお肌の手入れは、できるだけ早いほうがいいのかもしれません。

そうならば、例えばお風呂に入り、ビールを飲む人の場合なら、「ビールを飲む前にやる」と決めることも、一つの方法だおともいます。

または「ビールを飲みながらやる」でもいいのかもしれません。

それからあとは、続けるためにはどうしたらいいのかを、よく考えてみるようにしましょう。
「ご褒美」があると、続けやすいという人は、自分で期限を決め、その日まで続けられたら自分にご褒美をあげることを決めるのもいいでしょう。

また人と一緒なら続けられるという人もいると思います。

その場合なら、友達を誰か誘って、いっしょに肌のケアを始めてみるのも悪くないことだと思います。

サボったらリセットする

お肌の手入れを毎日続けるのは、そう楽ではありません。
色々工夫してみても、何かのきっかけで、サボってしまうこともあるのではないかと思います。

たとえば飲み会がつづいてしまい、毎晩夜遅く帰るなどということもあるかもしれませんね。

そうしたら、1週間くらい、お肌の手入れをサボってしまうこともあるかもしれません。

そういう際に大事なのは、そのことをあまりクヨクヨしないことです。
「私ってやっぱりダメなんだ・・・」
そんなふうに思わないことなんですね。

そうやってネガティブになってしまうと、肌の手入れを諦めることになりがちです。

諦めてしまうことが、最も最悪な事態です。

ですから多少手入れをサボってしまうことがあっても、別に「それはそれ」と、大らかに受け止めるのがオススメです。
しばらくサボってしまっても、また始めればいいからです。

失敗は、誰でもすることがあると思います。

失敗してこそ、学ぶことがあるものでしょう。

また、失敗から立ち直り、リセットするため、自分なりの方法を見つけるのもオススメです。

「美味しいものを食べる」「好きな場所へ行く」などして、気分をアップしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です